堺市堺区のみなさん、秋鮭について「へぇ~」という話題をトミヤが提供!

2016.09.20

 堺市堺区のみなさん、こんにちは。

トミヤの宅配弁当は、堺市堺区はもちろん、大阪府内の様々な場所に安心・安全で美味しいお弁当をお届けしています。

前回は、話題のお鍋”STAUB(ストウブ)”についてお話しました。

ご自宅ではストウブで調理した美味しいお料理を食べて、平日ランチはトミヤをご注文くださいね。

今回は”秋”の食材のひとつ、秋鮭についてお話したいと思います。

まず、秋鮭とは?

銀鮭や紅鮭などいろいろな種類がある中の、白鮭のことです。

白鮭は一般的にスーパーで売られている鮭のことで、捕獲される時期によって呼び方が変わります。

白鮭は9~11月に海から川へ産卵のため遡上(そじょう)するのですが、その川に戻る直前に東北や北海道の沿岸に寄ってきて、捕獲された鮭のことを秋鮭と言います。

川に戻っていくため、そして産卵のために脂がのっている(いわば体力をつけている)状態で漁獲されるので、美味しいのです。

また、春に捕獲されたものを時鮭や時不知と書き、どちらも「トキシラズ」と読みます。

本来、秋に川を遡上するものなのですが、間違って春に遡上することから、このような呼び名になったそうです。

鮭児(けいじ)という1万匹中1、2匹しか捕獲できないと言われる幻の鮭や、お正月にみかける新巻鮭も、白鮭です。

鮭つながりでついでに「サーモン」と鮭の違いについてお話しますね。

鮭の英名がサーモン(鮭=サーモン)と思いがちですが実は違っており、一般的に私たちが食べているのは「ニジマス」のことなのです。

堺市堺区のみなさんへ秋鮭を美味しく食べられるレシピをご紹介

 今回は、秋鮭のムニエルのレシピをご紹介します

■鮭のムニエル レモンバターソース

材料(4人分)

鮭の切り身・・・4切れ

薄力粉・・・適量

キャベツ・・・1~2枚

にんじん・・・1/4本

パセリのみじん切り・・・適量

じゃがいも・・・3個

マーガリン(またはバター)・・・大さじ3

塩・こしょう・・少々

レモン汁・・・大さじ1

1、鮭の両面に塩・こしょうを振ってしばらく置く。

2、キャベツは細切り、にんじんは千切りにして茹でる。

 じゃがいもは一口大に切って茹で、粉ふきいもを作る。

3、鮭の水気をふき取って薄力粉をまぶし、マーガリンまたはバターと、サラダ油(どちらも上記分量外。各大さじ1)を熱したフライパンで両面こんがりと焼く。

4、皿にキャベツとにんじんを敷いて鮭のムニエルをのせる。

5、鮭を焼いたフライパンにマーガリン(もしくはバター)を入れて熱し、バターが溶けたら火を止めて塩・こしょうで味を調え、パセリのみじん切りとレモン汁を加える。

6、鮭のムニエルにレモンバターソースをかける。

(レシピは楽天レシピ http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620000144/ から抜粋)

ムニエルはバターの風味が美味しいので、そのまま食べたりタルタルソースをつけたりが定番だと思いますが、ちょっと変わったソースで一味違うものを楽しんでみてはいかがでしょうか?

堺市堺区のみなさん、トミヤの美味しいお弁当を食べてみてもらえませんか?

フードセンタートミヤでは、旬の食材を使って美味しいおかずを、毎日たくさんのスタッフが一丸となって作っています。

堺市堺区のみなさんに「また食べたい」と思ってもらえるよう真心こめて、お弁当を作っています。

メニューは事前に http://www.fc-tomiya.com/daily/ で確認して、前日までに予約をお願いしますね!

これからもトミヤは堺市のみなさんに喜んでいただける、美味しい宅配弁当をお届けしますので、一度食べてみてください!後悔はさせませんよ!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

お弁当のご注文はこちらから
0800-111-1038
ページの先頭へ